ワキシマダンススクール

品川のワキシマダンススクール 初心者、趣味でダンスを楽しみたい方、お気軽に!シニアも楽しく踊れます

日々のできごと

2019年11月9日(金) 変わる日本史


「あなたの歴史知識はもう古い!変わる日本史」 日本歴史楽会著。


小学生の頃から、日本史は大好きでした。
が、受験も含めて、あんなに一生懸命覚えた日本史でしたが、
新たな研究により全然変わってきているのです…。

狩猟や採集生活で、食料が無くなれば移動するという食糧確保に大変だった縄文時代~
と思いきや、実は農耕も行われ、食糧の貯蔵もできる定住生活、
食料も豊富で、季節ごとの山海の恵みを楽しむグルメな食生活だった…。



聖徳太子の功績として一生懸命覚えた、冠位十二階、憲法十七条、法隆寺の建立。
これは、すべて、もう少しあとの時代のもので、聖徳太子の功績ではない?
最近は、そもそも聖徳太子の存在すら疑問視されていますね。



天才的な戦略家だと言われていた源義経、
あの有名な「鵯越の坂落とし」~激しい崖を騎馬で駆け下りた奇襲戦法~ですが、 実は、なかったかも。
地理的に不可能で、実際鵯越は崖ではなく山道で、そこを下りても、一の谷には出ない~とか。



また、義経2人説というのもあるそうです。
ドラマでは必ずイケメンが演じる源義経。
『義経記』では、「色が白く、器量も容貌も女性のように美しい」と記されていますが、
『源平盛衰記』では、「色は白いが、顔が長くて背が小さくて、出っ歯」と記載されています。
これは、同時代にいた山本義経~壇ノ浦や、屋島の合戦はこの人物の戦功かもしれない~
の経歴や容姿が混同されたのかもしれないそうです。



「いいくにつくろう鎌倉幕府」。
これもよく覚えました。
鎌倉幕府の成立年代については、だいぶ前から諸説がでていますが、
実は、有名な源頼朝像も別人説があるそうです。
足利尊氏の弟直義のもので、ナント、直義自身と、弘法大師と聖徳太子のトリプルイメージで描かせたものかも~だそうです。
なので、現在は「伝源頼朝像」と記載されているそうです。



歴史がだんだんと解明されていくのは面白いとも思いますが、
覚えたことが違ってゆくのはちょっと寂しい気もします。

タイトルをクリックすると全文をお読み頂けます。
見学随時受付中!

スクールのご案内

東急大井町線・荏原町駅1分、東急池上線・旗の台駅5分、都営浅草線・馬込駅10分。
初心者の方、趣味でダンスを楽しみたい方、お気軽にどうぞ!
シニアの方も楽しく踊れます。楽しいダンスレッスンなら「ワキシマダンススクール」
ワキシマダンススクールに電話する
〒142-0053 東京都品川区中延5-2-7 セントラル会館2F
        営業時間  13:00~22:00